投稿

第182回「賢明なリーダー と イニシアチブ」」〜 「Union is Power」〜

 武蔵野大学看護学部のZoom授業「病理学」に赴いた。  今回は、『腫瘍』について講義した。  真摯な学生の態度には、感激した。  武蔵野赤十字病院「臨床研究倫理審査委員会」に出席した。  委員会メンバーをはじめ、泉並木 病院長、事務部 総務課の清水竜彦氏、大山千裕 氏の、心温まる配慮には、ただただ感服した。  武蔵野赤十字病院の総合ビジョン:職員の2つの使命 1)専門的 2)人間的 を実感した。  精神的デフレが進む現代、総合ビジョンを 問い直す機会であろう!  「目的は高い理想に置き、それに到達する道は臨機応変に取るべし」(新渡戸稲造)の教訓が 今に生きる。  「賢明なリーダー と イニシアチブ」の存在は、時代的要請であろう!    「機会をつくるのも、それを用いるのも、人であります」(新渡戸稲造)の学習の時である。  「所詮われわれには、『畳1枚ほどの墓場』しか残らない。  『勇ましき高尚なる生涯』の生き様を見せるしかない。  これが、真の「器量」ではなかろうか!  「器量」といえば、『桃太郎』を思い出す。  鬼ケ島遠征の物語は、子供時代、村のお寺の紙芝居でよく聞かされたものである。  桃太郎が犬・雉・猿という性質の違った(世にいう犬猿の仲)伴をまとめあげたことを挙げ、世に処する人は「性質の異なった者を 容れるだけの雅量」を もたなければならないと 新渡戸稲造は『世渡りの道』(1912年)で述べている。  これは、「競争の名の下に、実は 個人感情で 排斥をする自称リーダーヘの 警鐘」でもある。  「泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。 嘆くのに時があり、踊るのに時がある」の厳しい現実である。  今は、まさに「泣く時、嘆く時」であろう。  88年前の1933年3月3日に 三陸で地震の大災害があったと記されている。  その時、 新渡戸稲造(1862-1933)は 被災地 宮古市等沿岸部を 視察したとのことである。  その惨状を 目の当たりにした 新渡戸稲造は「Union is Power」(協調・協力こそが力なり)と 当時の青年に語ったと言われている。  まさに、今にも生きる言葉である。  時代の波は 寄せては返すが「人の心と 歴史を見抜く 人格の力出でよ!」。  行動への意識の根源と原動力をもち、「はしるべき行程」と「見据える勇気」であろうか!  筆者は

第181回 「本物の強さ & ブレない 人物」〜 充電期間 何をするか! 〜

イメージ
 この度、『「樋野動物園」1周年記念誌 個性と多様性』(2020年10月13日 発行)に続いて、『上野動物園の旅』(2021年1月15日発行)が 発行される運びとなった。  ただただ感動と感服である。  上野動物園および日本中の動物園に寄贈される予感がする。 「薬師丸ひろ子」の歌『A LOVER'S CONCERTO』と「芹洋子」の『愛の国から幸福へ』&『おもいでのアルバム』では、角田万木 & 角田則明 夫妻(ウサギ & ナマケモノ)が彷彿された。  これこそ、「冗談を本気でする胆力」の実践であろう。 今週の日曜日(2021年1月10日)は、定例の 1)「東久留米がん哲学外来・カフェ」 2)『読書会」内村鑑三 著:代表的日本人 第1章(西郷隆盛) に、赴いた。「東久留米がん哲学外来・カフェ」に参加されていた、前田こずえ 氏から、『カモのカップル』の写真がら送られてきた。  まさに、 角田夫妻である。  また、読書会に参加された「東村山がん哲学外来」代表の大弥佳寿子氏からは、『「天の声を聞いた人 = 西郷隆盛を学びました。」、『「機会を作るのも、それを用いるのも、人である」、「鎖国時代 = 現代のコロナ禍時代は、充電期間である。籠って何をするかが問われる」大変充実した時でした。』との 賢明な真摯なコメントを頂いた。   1)「コロナ哲学 〜 がん哲学に学ぶ  〜」 2)「コロナ哲学 〜 西郷隆盛に学ぶ 〜」であった!  『コロナ時代』の医療者の2つの使命 1)学者的使命 2)人間的使命  タイミングよく、筆者のことも記述されている日経BP発行の本が、送られてきた。  「本物の強さ & ブレない人物 = 賢明なリーダーとイニシアチブ」の存在は、時代的要請であろう!

第180回 「体験から昇華された経験」 〜 日めくりカレンダー 〜

イメージ
 2021年もあっという間に1週間が過ぎた。  昨年末(2020年12月24日)、お茶の水クリスチャン・センター(OCC)顧問の榊原 寛 先生が79歳で、ご逝去された。記事には『「順天堂大学 名誉教授の樋野興夫 氏が全国で展開する「がん哲学外来&メディカルカフェ」では、榊原氏が代表を務める「お茶の水メディカル・カフェ」が、そのモデルとして 中心的な役割を果たしてきた。」』と紹介されていた。 本当に 榊原 寛 先生には、感謝申し上げます。  正月には、「海老澤さんの チャウチャウと言葉の処方箋とのお写真は 素晴らしいですね(下記)。  次々と発表されて。日めくりカレンダー になりますね。」、「すばらしい言葉と美しい画像、よき新年を迎えたことを実感いたしました。」、「ワンちゃんの目が こちらを向いているところが印象的です。  こころが通じ合うと言うことは、お互いに目が 合うことなのでしょうか?」、「コロナで大騒ぎのお正月ですが、コロナ哲学が 必要ですね。」、「今年も品性の確立目指して 精進したいと思います。」、「今年もガン患者と家族のためにご尽力を。」、『厳しい時代ですが、樋野先生から教えて頂いた「コロナの時代に生きる5カ条」を 胸に歩みたいと思います。』、「素晴らしい 日めくりカレンダー ですね。  元気になれそうです。」、「とってもかわいいですね、昨今のコロナ禍で不安になる心も 本当に癒されます。」、「樋野先生、素敵な写真ですね!  日めくりができたら、希望者が殺到しそうですね。」、『物事の「短所と長所」を見極められるよう 落ち着いて対応できるよう 頑張りたいと思います。』「がん患者の樋野応援団長が 全国の多くのがん患者関係者から応援されていますね!  素晴らしいことだと思います。コロナ禍にめげず、今年も頑張ってください。」などなど多数の心温まる励ましのメッセージを頂いた。涙無くして語れない!  また、筆者が理事を務める、「恵泉女学園」の理事の方から、『作家の安岡章太郎さんが、― 対談を収めた本の中で、遠藤周作の作品を想起しながら、「経験は単なる体験ではなく、それを自分の感性と理性で しぼりあげたもの(昇華させたもの)」という趣旨のことを語っておられます。 樋野先生が ご紹介くださる様々な言葉、先生ご自身のメッセージの中に、この「体験から昇華された経験」を感じていま

第179回 『向上心のある動物』 〜 空の上から自分の住処を見る 〜

2 020 年も終わりである。 先週末(2 020 年1 2 月2 6 日、2 7 日)は、1 800メートルの雪の万座 に赴いた。   「軽井沢から万座の旅」は、まさに、「人生は 山坂多い 旅の道   =   気は ながく、心は まるく」 であった。    『 虫は自分の住処だけで、論じている。空の上から自分の住処を見る向上心の虫になれ! 』 (新渡戸稲造)が鮮明に蘇ってきた。     2 020年は、 『 天空デーサービス万座 』 ( 2 020年 3 月 1 5日)ー> 『 万座研究センター 』 (2020年12月26日設立)の設立 の 歴史的な 年であった。    2 021年 3 月までには、『天空デーサービス万座』1周年記念ニュースレターの発行 のようである。    ただただ感服である。   「ユーモア=you moreの医師、看護師、医療従事者、市民、ボランティア=医療の協働体」のMedical Village『天空デーサービス万座』型モデルの世界発信の時代的到来 である !     「 医療者 の使命 〜   温かい配慮   と   真摯な誠実な働き   〜」であろう!  2 020年は、『樋野動物園』( 2 019年 1 0月 1 3日創設)1周年記念誌 が 発行 された !    2020 年1 2月 6 日の 『 上野動物園の旅 』 も、人生の良き想い出で あった。   年明け『上野動物園の旅』冊子の発行が楽しみで ある。    2 0世紀 は、『 向上心の ある 虫 』 (新渡戸稲造) - > 21世紀 は、『 向上心の ある 動物 』 (『樋野動物園』) であろうか!   2020 年1 2 月2 8 日 下記の メール が届いた。    「 タクシー乗り場で後ろに、並んでいらした素敵な紳士が、あら?どこかで?    お茶の水の癌哲外来でお話を伺った順天堂の先生でした 。   なんだか、嬉しく思いながら会釈して、タクシーに乗りました。    チャウチャウ犬のような笑顔に癒されました。 ――  先生の笑顔、周りに良い影響がありますね。 」。    ユーモア溢れる心温まるメセージには、涙無くしては語れない!    まさに「自分の力が 人の役に立つと思う時は 進んでやれ」(新渡戸稲造)の実践でもある!    人生は、階段を上る如く「不連続の

第178回 内面的な人間性の自覚 〜 見識と品位 〜

イメージ
 東京情報大学看護学部での『病理学』試験問題(下記)の学生90名の解答が届いた。 下記を3つ選択し、記述せよ!(A4  1枚)  1)細胞、組織、器官、器官系を説明せよ!  2)代謝性アシドーシスの原因を4つ挙げよ!  3)炎症の原因を分類せよ!  4)免疫疾患を分類せよ!  5)感染を防ぐための基本を述べよ  6)変性、壊死、アポトーシスの違いを説明せよ!  7)良性腫瘍と悪性腫瘍、癌腫と肉腫と違いを説明せよ!  8)染色体異常と遺伝性疾患を区別せよ!  9)血糖調節機序と糖尿病における血糖上昇の理由を述べよ!  全員の解答を読みながら、筆者自身の学びの時ともなった。  教育とは、何であるのか静思する時でもある。『南原繁著作集 第10巻』(岩波書店発行)の『私の学問・教育観』の『大学と学問』&『私の教育観』が鮮明に蘇ってきた。   『高等教育について新たに強調される点は教養である。 それは学生に対して必須であるばかりでなく、その前に、われわれ教師の課題でなければならぬであろう。』、 『われわれが、あの旧一高時代に、伝統的な道徳を超えて、新渡戸校長などの指導と感化によって、内面的な人間性の自覚に呼びさまされたーー』、 『教育と教養によって、各人は人としての見識と品位をそなえるに至るのであります。』。   日々勉強である。  映画『がんと生きる言葉の処方箋』応援チャンネル( https://www.youtube.com/channel/UCc4rcVO_bMtoKYyUaSjIxLg ) が、送られて来た  感動した。  現時点では、55回が決定済みとのことである。  100回達成したら、記念誌が製作される予感がする。  来年(2021年)秋頃に発行であろうか!?  本当に実現したら、歴史的大事業であろう!  大いに楽しみである。  映画『がんと生きる言葉の処方箋』は、「文部科学省選定作品、厚生労働省推薦作品、キネマ旬報ランキング15位(2019年度国内文化映画部門)」とのことである(下記)。  医療学部の学生(医学部学生、看護学部学生、薬学部学生 etc)の授業でも企画されると、人生の良き学びとなろう!

第177回 「欣然たる面貌、快然たる微笑」〜 最善を考えよう〜

イメージ
  2020年12月14日、国際展示場駅から 新しいキャンパスの武蔵野大学 看護学部(東京都江東区有明)での連続Zoom授業『病理学』に赴いた。  駅から徒歩で、周囲を散策しながら、大学に向かった。  大きなビルが立ち並び、壮大なイメージの街並みを感じた。到着後、教員、事務スタッフの心温まる おもてなしには、大いに感動した。 大変有意義な時であった。  2020年12月16日、2016年11月より開設された『小江戸がん哲学外来』(埼玉医科大学総合医療センターブレストケア科 於いて)に赴いた。  開始前には、癌研時代から、病理学研究を共にした病理学講座の先生と、食堂で、昼食の時を持った。 来年は、『小江戸がん哲学外来』5周年記念市民公開シンポジウムが企画される予感がする。大変貴重な時が与えられた。  2020年12月20日号『毎日新聞出版 サンデー毎日』の筆者の記事を読まれた方から、今は亡き原田明夫氏(命日4月6日、5回忌)の文章の寄稿を依頼された。  思えば、検事総長退任後に、新渡戸稲造が初代学長であった東京女子大学理事長に 就任された原田明夫氏(1939年11月3日 - 2017年4月6日)と一緒に、2000 年『新渡戸稲造 武士道 100周年記念シンポ』、『新渡戸稲造生誕 140年』(2002年)、『新渡戸稲造没後 70年』(2003年)、『新渡戸稲造 5000円札さようならシンポ』(2004年)を企画する機会が与えられた。  そして、「起こったことは仕方がないのだから、そのことを前提に最善を考えよう」の学びが、2008年1月 順天堂大学で『がん哲学外来』を開設した原点でもある。  そして、病院外での『がん哲学外来・カフェ』も始まった。  現在全国に約200箇所であろうか!  「欣然(きぜん)たる面貌、快然たる微笑をもて」(新渡戸稲造)の「実例 & 実行」の実践であろう!  『サンデー毎日』に記述した『新渡戸稲造の5か条』が送られてきた。  まさに、「不思議な連続」である。

第176回 『コロナの時代を生きる5か条』〜『正しいリスク(Smart risk)』の学び〜

イメージ
 2020年12月6日、『樋野動物園』のスタッフの企画による東京都恩賜『上野動物園の旅』に、wifeと参加した。  人間としての『個性と多様性』の貴重な確認の時となった。  参加されたゴリラ🦍(目白がん哲学外来カフェ代表 森尚子 氏)から『閑 = ひま』の絵葉書が送られてきた。 大いに感服した。      武蔵野大学看護学部(江東区有明)でのZoom講義「病理学」に参上した。  今日は、順天堂大学院修士課程Zoom講義『検査医学と病理』に赴く。前回の『遺伝子異常と疾患』に続いて、今回のテーマは、『腫瘍総論』である。  教育には、『閑 = ひま』の需要性を 痛感する日々である。 「毎日新聞出版 サンデー毎日」編集部から、『サンデー毎日 12月20日号』が送られてきた。    拝読された方から、「老病死を遠ざけることに踊らされている風潮の中で、『5ヵ条』が心にしみます。  冬の朝、丸くなっている背中がピンと伸びました。」、『コロナの時代を生きる5か条』は心に深く刻んでおきたいと思いました。」、「コロナの時代を生きる5ヶ条、勉強になります。」、「コロナの話題ばかりの中で、異色の記事ですね!  多くの人の目にとまりますよう、願っております.」、「サンデー毎日を拝読させていただきました。  樋野先生の仰る通りです。」、「人は病そのものもそうですが、病にまつわる不確かな恐れが本当に怖いものなのだなということを、そして、先生の記事を読みさらに人々の行動への先生のご指摘されている『よろず相談』の大切さが実感されました。」、「誠に、おっしゃる通りです。」、「英語圏で使われている『スマートリスク』と重複している部分もあるかと思います。  がん健診や病態の安定期に スマートリスクをとれる保健行動を 支えるシステムをつくることも、これから必要になって来ると考えました。」、「コロナの時代を生きる5ヶ条有り難うございます。  どんなときも、前進あるのみ! と感じます。  また、新型コロナは怖いですが、しっかりと対応して参ります。  他者の排除や差別につながらない様に、致したいです。」、「常識的に狭き門、真ん中をあるきます。」などなどの 多数の励ましのコメントを頂いた。  大いに、感動した。  まさに、『正しいリスク(Smart risk)』の学びの時であろう! 『コロナの時代を生きる5か条』