投稿

第168回 個性を発揮して 個々の人生を前向きに 〜 細やかな配慮が根付いて 〜

イメージ
2020年10月13日『第13回軽井沢がん哲学外来カフェ』(軽井沢南教会に於いて)での講演に招待された。 「軽井沢へ 遠いところから 近いところから あちこちの地域からたくさんの方が訪れ たくさんの笑顔が見れ 樋野先生のおはなしからはじまり たくさんの質疑応答も 聞き慣れない単語まででて 参考になりました。」、「お隣では メモをされてる方もいました 音楽ありダンスあり --- キラキラしていて綺麗で そのすべてがとても、素晴らしいカフェでした。」、「軽井沢まで来てくださり ありがとうございました。---  樋野先生のお話を聞いて 明日からは皆さんが 大いに個性を発揮して 個々の人生を前向きに進んで行かれることでしょう。」、「遠い所 お越し頂きありがとうございました。  楽しいひと時をありがとうございます。―― また お会い出来る機会を楽しみにしてます。」、 「軽井沢では 良い時間を過ごさせて頂きました。  此方では参加される人も順調に増え、今後の展開も地元の方々には 頼もしいものになってくるでしょう。  手を携えて軽井沢〜万座の深い繋がりを今後も継続していく所存です。」、「軽井沢南教会カフェは 年に四回の開催ではありますが、毎回、手紙や葉書でのカフェお知らせと お誘いがあり、他のカフェでは真似のできない 細やかな配慮 が為されています。  また、毎回、美しい花の鉢植えや 球根などがプレゼントされ、我が家の庭には それらの花たちが根付いて季節の楽しみとなっています。ありがたいことです。」、「肉体的、精神的に病んでいる方々に 人生を楽しく過ごすお話を、またお聞かせ、頂きたいと思います。」などなど、多数の励ましのメールを頂いた。  「スリッパを拭いていてくださった石塚様」、『「枯れ葉」の名曲を聴かせてくださった市村様』には、心からの御礼を申し上げる。  本当に、有意義な 貴重な ひと時であった。   終了後は、皆様と 「軽井沢恵シャレー」、「星野遊学堂」、「石の教会」(下記写真)を訪問した。  まさに、『生活環境や 言葉が違っても 心が通えば友達であり、心が通じ合う人と出会うことが 人間の一番の楽しみである。』(新渡戸稲造)を 実践の場となった。 筆者は、企画された宮澤 豊 先生ご夫妻と ご一緒に夕食をし 帰京した。  宮澤 豊 先生ご夫妻の「おもてなし 心遣い」には、…

第167回 「広々とした病理学 〜 揺るぎなく、真理に目を向ける、深い洞察 〜」

東京情報大学看護学部1年生(千葉県千葉市)の「病理学」のZoom授業に赴いた。全部で15コマで、今回は、初回の授業であった。 授業概要: 病気が どのような原因で 起こるのかを知り,それによって 生じる全身の病的現象を 組織や細胞レベルで 理解することを目的とする。  また,代表的な疾患について 疫学,臨床症状,経過,治療なども 合わせて学ぶ。  細胞の構造・機能,発生学,細胞の病変(退行性病変,進行性病変),循環障害(充血・うっ血,側副循環,出血・止血,血栓症,塞栓症,虚血・梗塞,浮腫,脱水,ショック,高血圧),炎症と免疫,腫瘍(がんの疫学,良性腫瘍と悪性腫瘍,細胞異型と構造異型,転移・播種,がんの発生原因),先天性異常,代謝異常,免疫,感染の病理病態について学ぶ。到達目標:・病気とは何か、病気と病理との関係について 理解する。・病気の原因、それによって生じる全身の病的現象を 組織や細胞レベルで理解する。・代表的な疾患についての 病理病態について学ぶ。授業の方法:テキストを使用しながら、講義形式で行う。毎授業時に課題を課し、その課題について解説し、前回の講義内容を振り返る。と シラバスに謳われている。 真摯な学生の多数の質問には、大いに感動した。 「広々とした病理学 〜 揺るぎなく、真理に目を向ける、深い洞察 〜」 の必要性を実感する時となった。 「生命現象の病理」の学びは、「人間社会の病理」の理解において 時代的要請ではなかろうか!

第166回 人生の不思議な繋がり 〜「陣営の外=がん哲学・外来」へと展開 〜

イメージ
『新渡戸稲造記念センター  ニュースレター』が送られてきた。
 筆者にとって、掲載されている長野県は筆者の『がん哲学外来』の原点ではなかろうか!筆者は、癌研時代の恩師(今は亡き 当時の所長:菅野晴夫先生:1925-2016)から「若月俊一 先生(1910 – 2006)」の話を聞き、また、病理部研究員時代の病理部長であった北川知行先生の紹介で、浅間病院に、定期的に病理診断の業務に赴いた。  さらに、当時の信州大学教授の武富保先生から信州大学客員教授を拝命し 毎年授業に参上したものである。 コロナが収まったら、いつか、軽井沢で 長野県記念シンポジウムが 企画されれば最高である。
 東京都中野区でのクリニックでの講演を依頼された。

第165回 『 文化の中の健康 〜 がん哲学 〜』 〜 執り成す人の姿 〜

イメージ
順天堂大学医学部1年生の選択講義『文化の中の健康 〜 がん哲学 〜』(公衆衛生学講座 主催)に赴いた。コロナ対策で「3密」を避け、大講堂で、約120人の医学部1年生が聴講した。「どの本の読書をすれば良いのでしょうか?」、「先生は、風貌を診て心まで診ると言われますが、私は、いかがでしょうか?」、「対話の訓練は、どうすれば良いのでしょうか?」の真摯な質問があり、大いに感激した。 また、「先生は、クリスチャンでしょうか?」との質問があり、「クラーク、新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造、南原繁、矢内原忠雄」を語り、2020年11月20〜23日は、「樋野先生と行く北海道 函館・札幌・小樽の旅」(下記;Go To トラベル事業支援対象)が、企画され、『新渡戸稲造『武士道』発行120周年記念/ 新渡戸稲造 国際連盟事務次長100周年記念/ 新島襄 没 130周年記念/ 内村鑑三 没 90周年記念』と 謳われ、私は、講演『クラーク、新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造を学ぶ旅』の機会が与えられている』とさりげなく語った。  公衆衛生学講座の佐藤先生と事務担当の宮崎様の、熱意、情熱には感服した。「医師の使命」の復習の授業ともなった。
 『「執り成し」について、「がん哲学カフェ」でお世話になっている樋野興夫先生のことを 思いました。  樋野先生は子供の頃よく熱を出し、住んでいた漁村は無医村だったので、お母様がそのたびに樋野先生をおんぶして、医者のいる隣村まで連れて行ったそうです。 だから樋野先生は「村に医者がいれば、母がこんな大変な思いをしないですむのに」と、幼いときに医師になろうと決めたそうです。 お母様が我が子の命を救うために、骨身を惜しまず、犠牲を払って、医者の所

第164回  2020年9月6日 〜 杉村 隆 先生 と アルフォンス・デーケン 先生 〜

イメージ
国立がん研究センター 名誉総長ならびに 日本学士院元院長(文化勲章受賞) の 杉村 隆 先生(1926−2020)が、9月6日にご逝去された。 筆者の『がん研究』の人生に於いて、杉村 隆 先生には、大変お世話になった。お見舞いに伺ったのが 最後の面談となった。「純度の高い、俯瞰的な大局観 〜 森を診て 木の皮まで診る 〜」の心得を若き日から学んだ。 講演も一緒にさせて頂いた。ここに謹んで 杉村 隆 先生のご冥福を お祈り申し上げます。



アルフォンス・デーケン 先生 (1932-2020)(Alfons Deeken, 上智大学 名誉教授)も、9月6日に ご逝去された。 デーケン 先生と ご講演を させて頂いたことが 鮮明に蘇って来た。 島薗進先生(上智大グリーフケア研究所長)より デーケン 先生の 追悼文が送られて来た。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14620876.html

『デーケン先生は 臨床現場からではなく、「死の哲学」という教育の場から「死生学」に入っていかれました。 その後、「死の準備教育」という方向を示していかれましたが、日本では このような市民の自己啓発の助けという方向性と臨床現場との双方から死生学が発展していったということを 合わせて考えてみました。 樋野先生のご貢献も同様と感じています。 デーケン先生とは プールでのおつきあい、樋野先生とは カラオケでのおつきあいが 心に残っていますが、ユーモアという点でも あい通じるものがあると 感じております。』との 心に染み入る お言葉を頂いた。涙無くして語れない!  2020年9月6日は、筆者にとっては、忘れ得ぬ日となろう!

第163回 「寄り添いの姿」〜「真摯な姿勢」〜

『新渡戸稲造記念センター』での『がん哲学外来』に赴いた。 面談は、大変充実した、有意義な 出会いの場であった。 翌日、『パルシステム共済連 たすけあい活動委員会』主催 [拡大学習会『患者と家族3000人との対話から生まれた【ことばの処方箋】~ がん哲学外来へようこそ ~』]で、講演する機会が与えられた(東京都東新宿の パルシステム連合会本部 於いて)。 『パルシステム共済連 たすけあい活動委員会では、今や 国民病とも言える「がん」について、2012年度より 特に乳がんの早期発見・早期治療を目的とするピンクリボン運動を 積極的に取り組んできました。 同時に、「がん」という病気そのものや 罹患者に対する「支え」についての学習も すすめてきました。 今回は、順天堂大学 樋野興夫 名誉教授をお招きし、樋野先生が 提唱する「がん哲学外来」を学ぶ企画としました。「がん哲学外来」とは、特別な資格もいらず、医療の専門的知識もいらず、誰でもができる「罹患者を支える活動」として、今や全国に広がっています。 今後、ますます地域で必要とされる 罹患者に対する「支える活動」について、私たち生協としての取組み、また がん哲学外来を すでに実施している活動団体と連携した取組みへと 発展することも期待でき、とても 参考になると考えています。』と 紹介されていた。 2008年開設の『がん哲学外来』の時代の流れを 痛感する日々である。 『人生の目的は 品性を完成するにあり』、『人生いばらの道、されど宴会』、『あなたは そこにいるだけで 価値ある存在』、『人生から期待される生き方』の『言葉の処方箋』を さりげなく語った。 聴講者の「真摯な姿勢」には、大いに感動した。 まさに、「寄り添いの姿」であろう!  早速、「参加された方より 大変有意義な時間だったとの感想や 言葉の処方箋について更に興味を持たれた方も いらっしゃいました。」、「びぃあらいぶ(広報誌)やKOKOCARA(WEB広報)において メディカルカフェをパルシステムの組合員にも広く伝え、今後のパルシステムの活動にも繋げていきたいと 考えておりますーー。」との 心温まる激励のコメントを頂いた。 がん患者の就労時代、職場での「がん哲学外来・カフェ」開設は、時代的要請ではなかろうか!

第162回 『南原繁 研究会』から『南原実 先生の回想録』へ

先週(2020年8月29 日)「南原繁研究会 第9回夏期研究発表会」(学士会館に於いて)に赴いた(下記)。筆者は、開会挨拶の機会が与えられた。
第1部 司会: 宮崎文彦 高橋勇一:「南原繁の教育観」と「田中耕太郎の教育論」 伊藤貴雄: 近代日本における新カント派哲学の受容の系譜― 価値並行論とその周辺― 大庭治夫:「南原繁・相沢久先生と大塚久雄・松田智雄先生の精神史的考察」 第2部 司会: 栩木憲一郎 川口雄一: 射水郡長時代の南原繁 再考― 思想史的=評伝的研究のための予備的整理 山口周三: 南原繁と昭和天皇退位問題
 南原繁(1889〜1974)没30周年記念事業で2004年にスタートした南原繁研究会 【初代代表: 鴨下重彦 先生(1934 ~2011; 東京大学名誉教授、国立国際医療センター名誉総長)、第2代代表: 加藤節 先生(成蹊大学名誉教授)】の3代目代表を、昨年 (2019年)、「南原繁生誕130周年」を祝し仰せつかった。筆者の恩師は、南原繁が、戦後最初の東大総長のときの医学部の学生で、「スケールの大きい、愛情豊かな人物だった」と、南原繁の話をよく聞いたものである。 11月3日は、『第17回南原繁 シンポジウム』が開催される。
 「環境問題のバイブル」と言われる、アメリカの海洋生物学者:レイチェル・カーソン(Rachel Carson 1907-1964)の『沈黙の春(Silent Spring)』(1962年)の日本語訳は、南原繁のご長男:南原実 先生 (1930-2013)によって出版されている(ペンネームの為に知る人ぞ知る)。 2004年以来、今は亡き南原実 先生のご自宅に 年末、wife<