投稿

第158回 現代に求められる教養 〜 人生の邂逅 〜

順天堂大学 Zoom授業『がん医療科学』に赴いた。 教科書に『楕円形のこころ 〜 がん哲学エッセンス 〜』(春秋社)を用いて音読した。 今回の箇所は、「楕円形の精神で生きる:楕円形は懐が深い、尊いいのち、ほんものの教え、人生の目的を考える、多様性の統一、肝臓から学ぶ平和論」、「がん哲学を考える:あなたの細胞、がんは賢い、がんの姿、がん哲学の誕生」であった。 多数の真摯な質問があった。「先生は、何故、多数の本を書かれるようになられましたか?」との真剣な問いもあり、振り返ってみた。

 筆者の最初の本は『われ21世紀の 新渡戸と ならん』(イーグレープ刊 2003年)である。 思えば、筆者は、学会関係の広報誌の編集後記を 依頼され 3年間(2001〜2003年)にわたって 連載した文章が『われ21世紀の 新渡戸とならん』として出版された。 その編集スタッフと 最初に出会ったのは、 1999年であったようである。 1999年は、筆者が 今は亡き 原田明夫 検事総長と 出会った年でもある。 そして、2000年 国連大学で 新渡戸稲造(1862~1933)の『武士道100周年』記念シンポジウムを開催した。2020年の今年は「イーグレープ」から新刊の発行とのことである。本当に、不思議な人生の邂逅である。
1年間、ある新聞に 連載された『21世紀のエマオへの道 〜 先人の志を継承しつつ』の「単行本化」が、『がん哲学』(to be 出版、2004年3月7日発行)となった。「to be 出版」の語源は、「『何かをなす (to do) 前に、何かである (to be) ということを まず考えよ』ということが、(新渡戸稲造 先生の)一番大事な 考えであったと思います」(南原繁)から 誕生している。 その後、『現代に求められる教養 を問う 〜 新渡戸稲造、南原繁、矢内原忠雄、吉田富三に学ぶ 〜』(鴨下重彦 編 2005年3月7日発行)、『南原繁と現代 〜 今問われているもの』(南原繁研究会 編 2005年3月7日発行)も「to be 出版」の名で発行された。 3月7日は 筆者の誕生日でもある。

 今週、幻冬舎から 日本語版『明日この世を去るとしても、今日の花に~』の、韓国版(韓国の翻訳出版)の重版決定の 知らせを受けた。 驚きである。

第157回  過度でも軽度でもなく、常識的に 〜 狭き門、真ん中を通る人物 〜

イメージ
『がん哲学外来メディカル・カフェ@よどばし』6周年記念の講演会(淀橋教会)に赴いた。 多数の質問があり、大変充実した時であった。 最近、ニュースで報道されている「尊厳死 vs 安楽死」も 話題になった。

「尊厳死」・・・積極的に治療をしない 「安楽死」・・・積極的に人を殺す 筆者は、「患者さんと医師との 日頃からのコミュニケーション」の重要性を語った。
 また、「今のこのコロナウィルス禍の時、とても大事な時期を迎えていると思います。こういう時に、どう 人のためになる生き方が出来るか、何か教えて頂けましたら感謝です。」との切実な質問も頂いた。「ペストの時代にルターは、王の命令を無視して、困ってる人に手を差し伸べていた。」、感染症で、命がけでやった医者が3人「天然痘 → 笠原良策(1809-1880)& 梅毒 → 秦佐八郎(1873−1938)& チフス→肥沼信次(1908−1946)」いたとさりげなく、紹介した。

『「人との付き合い方で、人を排除したり、差別したり、自分を守ろうとする。」
 過度の自粛や、過度の恐れは不要!  軽度の自粛や、軽度の恐れもダメ!  過度でも軽度でもなく、常識的に狭き門、真ん中を通る人物になる! コロナはいつか収束する』が、『あの時の態度が・・・役に立つ』 と希望を述べた。
 筆者は、チャウチャウ犬のようである。

 ご覧になった方から、「八の字眉毛がポイント」ですとの温かい、ユーモア溢れる コメントを頂いた。

第156回 「病院と在宅の隙間を埋める存在」〜 求心力と遠心力のように平衡を保つ 〜

『がん哲学外来 ながれやまカフェ』代表春日井いつ子氏の企画で、『ながれやま・がん哲学外来カフェ・3周年記念講演会』(平和台恵教会に於いて)に招かれた。大変、有意義な充実した時であった。早速、「先生の、穏やかな、聞く人の心を安心の渦に巻き込む講演をお聞きすることができ、感謝でした。」、 「私事、不思議なことに、コロナ自粛生活の中でたくさんの役割が中止になり、― 。早起きの生活を送っていると、先生の薦めてくださっている読書の時間も ― ゆったりと持つことができるようになり感謝しています。」、 「これから少しずつ普段の生活が戻ってきますが、大切な事を土台に日々を過ごして行きたいと思います。」、 「樋野先生の著書を読み、がん教育や流山の医療について考える時が与えられるよう祈って行きたいと思います。」、「癌という特殊な病に対して単に怖がらせる事無く、愛情を持って語る姿に私たちはどんなに勇気づけられるでしょうか。本当にチャウチャウ犬のような言葉かけで人間はそうだ! ほっとけ気にすんなって先生言っていた ‼ と心が軽くなる事を感じた

第155回 「ゆるぎない 決断力」〜「人の路」〜

イメージ
ラジオNIKKEIの番組『大人のラジオ』に赴いた。

 今回は、アナウンサーの 笠井信輔 氏、「がん哲学外来カフェ」の皆様も登場された。「私は、とても興味を持ちました! 先生は 本もたくさん出されているので、読んで勉強してみようかなと思います」などなどの 心温まるコメントも頂いた( https://ameblo.jp/shinsuke-kasai/entry-12611174944.html )。大変有意義な時であった。


 定例の埼玉医科大学総合医療センターでの「がん哲学外来」は、今回も 大変充実した面談であった。 筆者は、その後、新渡戸記念中野総合病院での 倫理委員会 & 音読会に 向かった。

 今回は、新渡戸 稲造 著『武士道』第3章『義』であった。 「ゆるぎない 決断力 = 間違っていないと思う行い に対しては、迷うことなく 命をかけ ためらうことなく 戦うこと」、「仁は 人の心なり、義は 人の路なり」の 復習の時ともなった。 コロナショックの蔓延化の日々、かって 感染症に命をかけた医師 「天然痘 → 笠原良策(1809-1880)& 梅毒 → 秦佐八郎(1873−1938)& チフス→肥沼信次(1908−1946)も 話題になった。 スタッフの熱意には 感動した。 本当に 日々大いなる学びである。 先日の島根大学医学部1年生Zoom授業『医療倫理・プロフェッショナリズム』に 出席した 159名の学生から コメントが届いた。 学生の誠実な、真摯な態度には、大いに感激した。

第154回 『奇才!樋野どうぶつ園」』〜 「変わり者」でなく「変わり種」である 〜

イメージ
『勝海舟記念下町(浅草)がん哲学外来』での講演『歴史と偉大なる人材を受け継ぐ“がん哲学“の発想〜 今日本に必要なこととは 〜』に招かれた。

「勝海舟、新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造、南原繁、矢内原忠雄、吉田富三、菅野晴夫、Knudson」を語った。「️樋野興夫(ひの・おきお)医学博士️のお話を聞く機会に恵まれました。」、「職場で がん患者さんと接する機会もあり どのような声かけをしたら良いのだろうか」、「樋野先生の優しい声は 聞いていて心地よかったです」のコメントを頂いた。大いに感激した。
「樋野動物園」に3匹(人)が、新たに入所された。オオカミ{宮原富士子 薬剤師;「勝海舟記念下町(浅草)がん哲学外来」代表}、ブルドッグ(倉持雅代 看護師)、(ナルニア)ネズミ(小泉さおり 医師;「ほとりカフェ in 東カペ」 代表)である。「樋野動物園」の管理人の「ゴリラ」森尚子;「目白がん哲学外来」代表によれば、既(2019年10月13日開設)に 約70匹(人)は、決定済みとのことである。 驚きである。 『「天才!志村どうぶつ園」に負けないほど、おもしろい「奇才!樋野どうぶつ園」ですね!』との心温まるメールを頂いた。
  以前、朝日新聞の一面に私は、『「変わり者」でなく「変わり種」である』と記載されたことが、鮮明に蘇ってきた。 『「変わり者」は、自己中心、承認欲求の強い、ほっとけ気にするなに値する者。「変わり種」は、樋野先生(笑)』との励ましのメールを頂いた。まさに、『「ひの・おきお =Origin of fire、「冗談を実現する胆力」〜 sense of humor 〜、「ニューモアに溢れ、心優しく、俯瞰的な

第153回 「人間的な責任」〜 役割意識と使命感 〜

イメージ
新渡戸稲造記念センターに赴いた。「中野ひだまりクリニック」院長:小見山博光 先生(順天堂大学医学部非常勤講師)との面談を行った。 大変充実した、有意義な時であった。筆者は、講演の依頼を受けた。 9月30日 講演会『医療者の2つの使命 〜役割意識と使命感 〜』 10月28日 婦人向けの講演会『偉大なるお節介 〜 賢明な寛容 〜』 クリニックでも、『がん哲学外来・カフェ』が開設される予感がする。
 国立障害者リハビリテーションセンターの 教育・訓練担当部門である「国立障害者リハビリテーション学院」での、「病理学総論」の授業の機会が与えられた。 多数の質問があり、真摯な学生の姿には、大いに感動した。 今回、3人の学生の『樋野動物園』入所も決定した。 希望により名称は、「マウンテンゴリラ」、「レッサーパンダ」、「アパトサウル」とのことである。 卒業後は、『「人間的な責任」で 手をさしのべる(温かい人間としての関係)』&『個性を引き出す「種を蒔く人」』に なられることであろう!「行いの美しい人(a person who does handsome)」、「ニューモアに溢れ、心優しく、俯瞰的な大局観ある人物」の「実例と実行」である。 『「冗談を実現する胆力」〜 sense of humor 〜』の勧めは、「教育」の原点では なかろうか!
 先週の「がん哲学外来メデイカルカフェ in 世田谷区深沢 オープン記念講演」の新聞記事が送られてきた(下記)。スタッフの熱意には、感服した。

第152回 「コロナ時代の教養」〜 「質の高い決断」 〜

イメージ
山梨大学医学部のDVD講義「特別講義」が行われた。「学生109名の感想文を読み、先生の動画が 山梨大学の学生に通常の講義とは全く違った次元の非常に強い影響を 与えたことがよくわかりました。」、「樋野先生の特別講義(DVD配信)が無事おわりました。学生さん109名から感想が 寄せられましたので添付いたします。来年はまた是非山梨にお越しいただき特別講義をお願いしたいと考えております。」との大変心温まるメールを頂いた。 全員の感想文を拝読した。学生の熱意には、大いに感動した。東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科 がんエンドオブライフケア看護学「緩和ケア看護学Ⅱ」を山梨大学に送って頂いたようである。
 翌日は、島根大学医学部のWeb授業であった。 143人の学生の出席で、多数の質問があり大いに感動した。 「今日は御世話になりました。動画教材もうまく録画できました。― 学生に手伝ってもらって きちんとした字幕にしたいと思います。何人か聴覚障害などの障害を持つ学生がおり、―」とのメールを頂いた。
 2ヶ月ぶりに「がん哲学メディカル・カフェ@よどばし」が、広々とした会場で、感染症対策のルールに従い再開された。『星の王子さま』の現代的意義=「共感と共鳴」、「コロナ時代の教養」について語った。「目白がん哲学外来カフェ」の代表:森 尚子氏から写真が届いた(下)。
 早速、「この状況下 講話の時を頂き感謝致します。見えないものの中には 大切なものがあるのですね、王子様から学びました。― 質問も多く大変有意義な時間でした。 コロナ禍の今日の一日が 一生の思い出にもなります。」とのコメントを頂いた。