投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

第65回 がんと暮らす人のために ~支える・寄り添うことの大切さ 〜

イメージ
『週刊現代』(2018年11月24日号)医療特集の中に、 顔写真付きで、筆者のコメント『順天堂大学医学部 病理・腫瘍学教授で、樋野興夫氏もこう語る。「高齢者の場合、術後のリハビリを乗り越えられるかが、手術するか否かの大きなカギになります。では術後、だれが親の面倒を見るのか。子供が親と離れて住んでいる場合、物理的に難しいケースも出てきます。術後のサポートが難しい場合は、それを率直に医師に相談するべきです。高齢者の手術は、本人の意思も大切ですが、それを支える家族の状況も同じくらい大切です」が、掲載されていた(44ページ)。私の父が、92歳で、5年前に、実家(島根県出雲市大社町鵜峠)で、がんで亡くなる時、姉が、一生懸命 面倒みてくれたことが鮮明に甦る。

 秋田県潟上市健康づくり講演会で、講演『がん哲学外来へようこそ ~ がんと暮らす人のために ~』する機会が与えられた(主催:潟上市健康推進課、潟上市健康生活推進協議会健康生活部会、共催:秋田県国民健康保険団体連合会;防災・健康拠点施設トレイクかたがみ に於いて)。新幹線で秋田駅に赴き、奥羽本線に 乗り換えて大久保駅で下車した。田舎の風景に、筆者は心が和む。会場は多数の参加者であった。大変、有意義な時であった。今後、 「潟上 がん哲学外来カフェ in トレイク」開設される予感がする。時代的要請でもあろう。

 定例のラジオNIKKEI「大人のラヂオ がん哲学学校」の収録に赴いた。今回のゲストは、キャンサーペアレンツ代表 西口洋平氏であった。30代で、がんに罹患され、お子さんは 小学生とのことである。入院中にお子さんからの手紙『とーちゃん、音楽会ちゃんときてね。まってるよ』を拝見した。涙なくして語れない! 今度、子供向けの絵本も発売とのことである。今回は、東京をはじめ、名古屋・松本市からも、スタジオに参加され、大変、充実した、学びの時であった。11月23日午前11時35分 〜 放送である。楽しみである。乞うご期待である。

 世田谷区立奥沢小学校での「『がん教育』公開授業、6年生の特別授業『がんを通して考える 命に寄り添うことの大切さ』」に赴いた。真摯な生徒の眼差しには感動した。子供時代の想い出は、大切であることを 痛感する日々でもある。


第64回 第1回『日本メディカルヴィレッジ学会・生涯活躍のまち』共催シンポジウム

イメージ
筆者は、がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン継続事業 平成30年度連携大学ICT特別講義『医療の隙間を埋める がん哲学・がん哲学外来 〜 新渡戸稲造の基本精神 〜』(岩手医大に於いて)の機会が与えられた。講演後も皆様との楽しい懇親会の時を過ごした。翌日は、順天堂大学医学研究科 大学院講義(英語)『発がん機構』を行った。視野狭窄にならない洞察は 教育の基本であろう。
 第1回『日本メディカルヴィレッジ学会・生涯活躍のまち』共催シンポジウム(奄美群島 伊仙町長 大久保 明 大会長、徳之島交流ひろば ほーらい館に於いて)に赴いた。第1回の記念となる、大変素晴らしい学会であった。大いに感動した。歴史的な『日本メディカルヴィレッジ学会』となった。筆者も、本学会の理事長として基調講演の時が与えられた。本当に、今回は 心に残る想い出となろう。 共同通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000145-kyodonews-soci.view-000



第63回 新刊『楕円形のこころ 〜 がん哲学エッセンス 〜』出版記念会

イメージ
朝日医療大学校看護学科(岡山市に於いて)においての、1年生、2年生の講義に赴いた。前夜は、学科長をはじめ教師の皆さんとの、楽しい夕食の時が与えられた。看護における「がん哲学・がん教育」についての必要性について大いに語り合った。翌朝は、真摯な学生の眼を見つめながら、大変有意義な授業であった。看護学カリキュラムに「がん哲学・外来」が組まれる時代的到来となろう。


 新刊『楕円形のこころ〜がん哲学エッセンス〜』の表紙も煮詰まって来た。出版記念会は12月11日に開催されるようである。乞うご期待である。

2018年11月10日の1回日本メディカルビレッジ学会(奄美群島伊仙町長:大久保 明大会長、添付参照)の記者会見が鹿児島県庁で開催され、本学会の理事長を務める筆者も招かれた。「学会の目的と伊仙町開催の意義」について語った。県民の皆様にも、理解していただければ幸いである。歴史的な、大事業になる予感がする。