投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

第5回 思いやりの心 〜 学者的な責任 & 人間的な責任 〜

イメージ
敬老の日(9月18日)、「地域がん診療連携拠点病院事業公開講演会『がん患者家族への 処方箋』[主催:伊勢崎市(伊勢崎市民病院)後援:伊勢崎佐波医師会](絣の郷 円形交流館に於いて)で、特別講演『がん哲学外来〜思いやりの心〜』をする機会が与えられた。筆者の「特別講演」の前の伊勢崎市民病院の先生の、ユーモア溢れる、患者視点のご講演『乳がんの治療と診断〜誰を想って、あなたは治療をしますか?〜』には、大いに感激した。会場は、大盛況であった。講演会終了後は、伊勢崎市民病院外科診療部長 片山和久先生の運転で、伊香保温泉 福一での『がん哲学外来伊香保シンポジウム』に向かった。
 『がん哲学外来伊香保シンポジウム』では、筆者は、国立病院機構沼田病院院長 前村道生先生の司会で、基調講演『原田明夫氏追悼記念〜今、ふたたび伊香保温泉〜』の機会が与えられた。その後のパネルディスカッション『人生の邂逅〜不連続の連続性〜』は、『新島襄記念 がん哲学外来 in 伊勢崎市民病院』『内村鑑三記念 がん哲学外来 in 国立病院機構沼田病院』、『がん哲学外来 in 万座温泉』の方々、懇親会は、東京方面からも参加され、大いに盛り上がった。翌日の早朝、筆者は、伊香保温泉街を散歩した。「365の石段」を登りながら、1897年、日本が誇る国際人・新渡戸稲造(1862〜1933)が保養した旅館を静思し、新渡戸稲造が、伊香保温泉の保養中に『農業本論』(日本初の農学博士取得)を書いたことは、想い出した。翌年は、アメリカでの保養中に『武士道』を完成させた。まさに、「人生は、もしかしたらこの時のため」を実感した。
 筆者は、2006年、国立がん研究センター理事長・総長の中釜斉先生とともに会長を務め、『日本疾患モデル学会総会〜「過渡期の指導原理と新時代の形成力」を求めて〜』も、開催したものである。思えば、2002年、原田明夫氏(元検事総長・東京女子大学前理事長)と「伊香保温泉福一」で、新渡戸稲造の生誕140周年シンポを開催した。今回は、15周年記念ともなった。秋分の日(9月23日)山崎製パン総合クリエイションセンターに、於いて、講演の機会を与えられた。「医師の2つの使命〜学者的な責任 & 人間的な責任〜」の趣旨で語った。飯島延浩社長も出席され、大変想い出深い、一時となった。


第4回 『人の顔を輝かし、その顔の固さを和らげる』〜人生は出会い 〜

イメージ
島根大学医学部3年生の「病理総論」の講義に赴いた(出雲市)。病理学の教授からは「学生の感想もたくさんありました。いずれも先生の講義に感銘を受けたというものです。」と、心温まる励ましのメールが届いた。講義に先だって、島根県大田市立病院の医師、臨床研修推進室の方と面談した。今年10月「出張指導」の依頼を受けた。前夜、故郷に帰郷した。翌朝、既に廃校になった『鵜鷺中学校』で、地元の人、同級生と「鵜鷺メディカル・ヴィレッジ」構想について語り合った。その後、姉と母(94歳)が、車で、島根大学医学部病院まで、送ってくれた。車の中から、涙を流しながら、手を振る母の姿は、まさに『人の顔を輝かし、その顔の固さを和らげる。』(伝道者の書8章1節)である。
 文京区立汐見小学校6年生に「がん教育」の授業の機会が与えられた。1人も寝る生徒もなく、多数の質問もあり、お母さん達も、参観されていた。筆者の 『鵜鷺小学校』(廃校)時代を語った。まさに、「Boys be ambitious !」(少年よ大志を抱け!)である。筆者の最初の本『われ 21世紀の 新渡戸とならん!』(2003年)の『われ 21世紀の 新渡戸とならん 新装改訂版』が、来年、再販される様である。驚きである。自分の思いを越えて、時は進むことを痛感する。
 週末、広島で講演「がん哲学外来〜 人生は出会い 〜」(三滝グリーンチャペルに於いて)の機会が与えられた。台風の進路と逆方向で、まさに「人生いばらの道にもかかわらず 宴会」の心境であった。広島大学医学生も聴講し、広島在住の姉夫妻も来て下さり、久しぶりの再会は嬉しかった。充実した時であった。『あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、…』(ヨハネ15章16節)が、甦った。  筆者の新刊『がんばりすぎない、悲しみすぎなない。』(講談社)を購入された方もあり、会場でサインをした。「すぎない」は、まさに、『あなたは正しすぎてはならない。知恵ありすぎてはならない。−− 悪すぎでもならない。愚かすぎてもいけない。』(伝道者の書7章16、17節)であろう。日々、学びである。


第3回 『胆力の修養の場』〜「Medical Village万座 in 嬬恋村」〜

イメージ
週末、「信州大学がん哲学外来 in 軽井沢」(軽井沢病院に於いて)に、wifeと参上した。小泉知展信州がんセンター長の司会の下、軽井沢病院院長の開催挨拶で開始された。筆者は、個人面談「がん哲学外来」も行った。多数の参加があり、充実した一時となった。今後、軽井沢でも定期的に開催されることであろう。筆者にとっては、「内村鑑三・新渡戸稲造」の縁のある軽井沢には、特別な思いがある。来年は、新渡戸稲造が、1918年に「軽井沢通俗夏季大学」の初代学長になってから100周年になる。来年、シンポジウムが、企画されるようである。軽井沢は「21世紀のMedical Village 街道」の「拠点」となる予感がする。
 その後、軽井沢から、万座温泉での講演会「Medical Village万座 in 嬬恋村」に赴いた(日進館に於いて)。ロビーでのフロアショー「がん哲学外来カフェin 万座温泉」で『がん哲学外来〜人生いばらの道されど宴会〜』を講演する機会が与えられた。嬬恋村教育委員会教育長をはじめ、東京、神奈川、佐久からも多数参加され、泊まり客とのまさに「人生いばらの道されど宴会」であった。翌日は、シンポジウム『「がん哲学外来メディカル・ヴィレッジ」の展望』が企画された。
 シンポジウムでの、軽井沢朗読館館長元NHKアナウンサーの青木裕子氏の『カフェで出会った24人』(日本キリスト教団出版局発行)の朗読には、大いに感動した。パネルディスカッションも、盛り上がった。筆者は、基調講演『Medical Village街道〜がん哲学月間設立を目指して〜』の機会が与えられた。講演では「あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。気にすることなく、善を行いなさい。」&「目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。気にすることなく、やり遂げなさい。」とのマザー・テレサの言葉も、さりげなく、紹介した。『胆力の修養の場』ともなろう。

 また、練馬区健康部の保健師の方が来訪され、がん征圧月間「映画上映会:うさぎ追いし」(主催:練馬区健康推進課、練馬文化センター於いて)のチラシを頂いた(

第2回 『何があっても、いつ、どこにあっても なくてはならない人に おなりなさい』

イメージ
平成29年度 文京区立小学区教育対象講習会(順天堂大学 第2教育棟に於いて)で、「小学校段階で必要ながん教育の在り方を考える 〜 予防ではなく、心得について 〜」と題して講演する機会を与えられた。講習会の趣旨は、『『予防を教える』から『心構えを教える』への転換の重要性を理解すると共に、これからの「がん教育」の在り方を考える』と、謳われていた。対象は、区立小学校教員・管理職であった。グループディスカッション、オープンディスカッションもあり、質問もあり、大変充実した、有意義な時であった。まさに「学校現場におけるがん教育の進め方」であり、今後の『学校教育』の重要な課題となるであろう。  
 「目白がん哲学外来カフェ1周年 特別講演会」(目白町教会に於いて)で、講演『空っぽの器 〜 教育とは、人生とは、良い出会いとは 〜』する機会が与えられた。パネルディスカッションあり、『空っぽの器』のテーマソングも披露され、さらに、名古屋からは、親子が参加され、会場は、大いに盛り上がった。
  映画「ハイジ」を鑑賞した(恵比寿に於いて)(原作:ヨハンナ・シュピリ『アルプスの少女ハイジ』)。「ハイジ、アルムおじん、クララ、ペーター、おばあさま」には感激した。「やさしい、素直、思いやり、柔らかな心」、「無邪気に、喜んで、小さなことに、大きな愛を込める」である。9月11日のシンポ「『21世紀のアルプスの少女ハイジ』に学ぶ自己形成」は、歴史的大事業ともなろう。 同じ日、早稲田大学 エクステンションセンター 中野校講座『がんと生きる哲学』同窓会が、開催された。栃木からも参加され、楽しい一時であった。さらに、『がんと生きる哲学』3周年記念 市民公開シンポの企画で、大いに盛り上がった。
  「第64回 スペシャル お茶の水メディカル・カフェ in OCC」は、勝俣範之先生 (日本医科大学教授)の『ピアノ、ギター、歌』のコーナーがあり、慶應義塾大学医学部教授も出席され、多数の参加で大盛況であった。筆者が理事を務める恵泉女学園の創設者:河井道の『何があっても、いつ、どこにあっても なくてはならない人に おなりなさい』の言葉が甦ってきた。日々学びの連続である。