第72回 「清廉な生きざま」〜 「品性を建つにある」 〜

 ボストンから帰国し、「<がん哲学外来> 80回『お茶の水メディカル・カフェ in OCCNew Year Special」に赴いた。多数の参加者であった。榊原 寛 先生ご夫妻の 温かい おもてなしと、おいしい お汁粉は、本当に新年に相応しく、大いに感動した。筆者は、ボストンからの帰国の飛行機の中で、何回も聴いた『サザエさん一家』と『夢をかなえて ドラえもん』の2曲について 語った。

 夜は、新丸の内ビルのレストランでのアメリカ時代の同窓会の会食に、wifeと出席した。同窓会でも、翌日の日曜日の午後の定例の「東久留米がん哲学外来・カフェ」でも、さらに、読書会『新渡戸稲造著:武士道 10章 武士の教育および訓練』 でも『サザエさん一家』と『夢をかなえて ドラえもん』の話で、大いに盛り上がった。この2曲の共通のテーマは、「愉快で、元気」で「輝く夢を持つ」では なかろうか!  読書会では、ボストン行きの飛行機の中で観た、「SAMURAI’S PROMISE 散り椿」も話題になった。まさに、「清廉な生きざま」は、「品性を建つにある」(新渡戸稲造)の実践であろう。新年の学びである。

 2019年1月12日、「東久留米 がんセミナー」(成美教育文化会館に於いて)が開催される(下記)。乞うご期待である。



このブログの人気の投稿

第2回 『何があっても、いつ、どこにあっても なくてはならない人に おなりなさい』

第9回 菅野晴夫先生1周忌の宴 〜 お孫様への心の優しい言動 〜

第45回 がん哲学外来ナース部会 公開シンポジウム 〜 より良い寄り添いのために 〜