第 57 回 テレビ朝日からの出演要請 ~ 生放送 番組「Abema Prime」への出演 ~

 2018年9月17日(敬老の日)の朝、テレビ朝日の報道局から、『「がん」をテー マに取り上げたいので、午後9時から1時間程度、生放送インターネット番組 「Abema Prime」へ出演してほしい』 との連絡が入った。大変、驚いた。そこ で、1:30~4:00pmのシンポジウム『21世紀のエステル会 発足記念 企画「もしかすると、この時のためかもしれない」』を終えて、テレビ朝日 本社(六本木)に赴いた。その一端として、『樋野教授は「病気になっても病人ではない、という社会を作 らないといけない。人生に期待するから失望もする。外面的な"HAPPY"ではな く、境遇に関わらず、心から湧き出る"JOYFUL"を追い求めるべきだ」と話す。』 と紹介された。https://amp.amebaownd.com/posts/4898437?__twitter_impression=true 
 スタジオでの、出演者の皆様との対談は、大変、有意義な一時であった。 早速、「インターネットで 先生の生放送の番組を 主人と一緒に拝見しました。 とても良かったです」など、心温まるコメントを、多数いただいた。人生の良き想い出となった。






このブログの人気の投稿

第2回 『何があっても、いつ、どこにあっても なくてはならない人に おなりなさい』

第9回 菅野晴夫先生1周忌の宴 〜 お孫様への心の優しい言動 〜

第14回 「豪華サンドイッチ」〜NHKドラマ:新渡戸稲造の実現に向けて〜