第42回 「The 20th Academia Eurasiana Neurochirurgica」in 軽井沢プリンスホテル

 軽井沢プリンスホテルでの「The 20th Academia Eurasiana Neurochirurgica(本郷一博 会長/信州大学医学部脳外科教授)」の特別講演「Cancer Philosophy & Cancer Philosophy Clinic ~“having a disease but not a sick person” ~ 」に招待された。

「Since I have carried out “Cancer Philosophy Outpatient Clinic” in 2008 at at Juntendo University Hospital, I interviewed with nearly a total of 3000 patients and their family.  By the motto “having a
disease but not a sick person” a search for living in a way of one’s personality, it has been held in a variety of places, not just at healthcare facilities.  I feel tense that “Cancer Philosophy Outpatient Clinic” is exactly need in the era.」

の趣旨で、英語で講演した。人生の良き想い出となった。

 軽井沢の地であるので「新渡戸稲造・内村鑑三」をヨーロッパ、アジアの脳外科医に紹介した。内村鑑三の『プロの為さざること5箇条』(『がん哲学〜がん細胞から人間社会の病理を見る〜』to
be出版 改訂版102~103 page)を語った。

1) Professionals do not prey on others’ weaknesses.
 「プロは人をその弱きに乗じて苦しめず」
2) Professionals do not insist on pay back.
 「プロは人に悪意を帰せず」
3) Professionals do not count on the mercy of others.
 「プロは人の劣情に訴えて事を為さず」
4) Professionals do not disclose the secret of a friend.
 「プロは友人の秘密を公にせず」
5) Professionals do not compete for profit.
 「プロは人と利を争わず」

 「とても有意義なご講演ありがとうございました。」、「英語のご講演は要素がさらに集約されて、新鮮でした。もちろん先生の日本語のご講演が、人の心を動かすことは言うまでもありません。」と心温まる、激励のメールをいただいた。



このブログの人気の投稿

第14回 「豪華サンドイッチ」〜NHKドラマ:新渡戸稲造の実現に向けて〜

第9回 菅野晴夫先生1周忌の宴 〜 お孫様への心の優しい言動 〜

第2回 『何があっても、いつ、どこにあっても なくてはならない人に おなりなさい』