第5回 思いやりの心 〜 学者的な責任 & 人間的な責任 〜

 敬老の日(918日)「地域がん診療連携拠点病院事業 公開講演会『がん患者 家族への 処方箋』[主催:伊勢崎市(伊勢崎市民病院)後援:伊勢崎佐波医師会]絣の郷 円形交流館に於いて)で、特別講演『がん哲学外来  思いやりの心 〜』をする機会が与えられた。筆者の「特別講演」の前の伊勢崎市民病院の先生の、ーモア溢れる、患者視点のご講演『乳がんの治療と診断  誰を想って、あなたは治療をしますか? 〜』には、大いに感激した。会場は、大盛況であった。講演会終了後は、伊勢崎市民病院 外科診療部長 片山和久先生の運転で、伊香保温泉 福一での『がん哲学外来 伊香保シンポジウム』に向かった。

 『がん哲学外来 伊香保シンポジウム』では、筆者は、国立病院機構沼田病院 院長 前村道生 先生の司会で、基調講演『原田明夫氏追悼記念 〜今、ふたたび伊香保温泉〜』の機会が与えられた。その後のパネルディスカッション『人生の邂逅〜不連続の連続性〜』は、『新島襄記念 がん哲学外来 in 伊勢崎市民病院』『内村鑑三記念 がん哲学外来 in 国立病院機構沼田病院』、『がん哲学外来 in 万座温泉』の方々、懇親会は、東京方面からも参加され、大いに盛り上がった。翌日の早朝、筆者は、伊香保温泉街を散歩した。「365の石段」を登りながら、1897年、日本が誇る国際人・新渡戸稲造(1862〜1933)が保養した旅館を静思し、新渡戸稲造が伊香保温泉の保養中に『農業本論』(日本初の農学博士取得)を書いたことは、想い出した。翌年は、アメリカで保養中に『武士道』を完成させた。まさに、「人生は、もしかしたらこの時のため」を実感した。

 筆者は、2006年、国立がん研究センター理事長・総長の中釜 斉先生とともに会長を務め、『日本疾患モデル学会総会〜「過渡期の指導原理と新時代の形成力」を求めて〜』も、開催したものである。思えば、2002年、原田明夫氏(元検事総長・東京女子大学前理事長)と「伊香保温泉 福一」で、新渡戸稲造の生誕140周年シンポを開催した。今回は、15周年記念ともなった。秋分の日(923日)山崎製パン総合クリエイションセンターに、於いて、講演の機会を与えられた。医師の2つの使命〜学者的な責任 & 人間的な責任〜」の趣旨で語った。飯島延浩 社長も出席され、大変想い出深い、一時となった。

デンファレ


このブログの人気の投稿

第14回 「豪華サンドイッチ」〜NHKドラマ:新渡戸稲造の実現に向けて〜

第9回 菅野晴夫先生1周忌の宴 〜 お孫様への心の優しい言動 〜

第2回 『何があっても、いつ、どこにあっても なくてはならない人に おなりなさい』